ピアスの歴史!

増えるリンク

ピアスの歴史

従来は不良のレッテルを貼られていたピアスの近代ではごく身近な存在になってきて、髪を染めることと同じようにファッションとして定着しています。その歴史は古く、ピアスは古くから邪悪なものから身を守るものとして世界中で使われてきました。国によって諸説ありますが一例をあげるならば悪魔は人間の穴の開いている場所から入ってくるとされ、光物を嫌がることから金属製品を身体に通して使われました。兵士が戦死したときの身元を確認するためつけていたり、願掛けのためもありましたが最も多く使われたのはやはり宗教上の理由としてです。 現代では別物ですが昔はイヤリングといえばピアスのことを指しました。このイヤリングには数千年もの歴史があるとされ、日本においても縄文人が耳に素焼きのピアスをつけていた記録があります。しかしインドやエジプトなどでファッションとして取り入れられたのはだいぶ後のことになります。長年親からもらった身体にキズをつけてはならない等の理屈から野蛮な行為と見られていたピアスですが、整形等と同じく最近ではごく一般的なことになっています。

おすすめWEBサイト 5選

よさこい衣装 既成
http://www.mm-lifespace.com/

2017/1/19 更新


ページの先頭へ

Copy Right (C) accessory's All Right Reserved